やりなおし

 

 

個性的な形の翡翠に、これまた個性的な形のダイヤモンドがついたリング。

 

これをお持ちのお客様は、上品でエレガントな、

 

どちらかといえばオーソドックスなデザインのものがお好みのはずなんだけど・・・。

 

伺ってみると、元々は帯留めか何かについていた石で、

 

随分前にとある作家さんに依頼してリフォームしたものだそうです。

 

なるほど、それで全体的に個性的なのか・・・。

 

 

石も石だし、ちょっと控えめなデザインがいいわ、ということで、

 

こちらのデザインに変更。

 

 

 

 

控えめすぎました。

 

 

 

 

 

枠を生かしつつもう少し華を出したいのと、

 

細長いのをもう少しどうにかしたいところです。

 

 

 

お客様の要望をきき、外側に枠を足し、下側だけにダイヤメレを配置することに。

 

 

 

 

工房からあがったダイヤを留める前段階のものを見て驚愕。

 

ちがうちがう。もっと元の枠みたいにぷっくりさせてくれないと、平べったくなって変!

 

 

 

 

 

  左がやり直し後        右がやり直し前

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっとお待たせしましたが、いちどやり直してよかったと思います。

 

 

ありがとうございました。