歴史




「金賞堂」として愛媛県今治市常盤町に看板を掲げたのが大正5年。当時は金地金の製品や、舶来時計などの販売を行っていました。それから戦後、私立図書館前に移転するとともに、屋号を「ササキ時計店」へ変更。この頃は時計がメインの取扱品でした。そして現在の場所へ移転したのが昭和52年。法人化、金地金流通協会の加盟、部門の細分化などを経て、「時計店」が屋号につきますが、ジュエリー店としては地域に根ざした信用ある一番店であると自負するとともに、これからもそうでありたいと願っております。